•   >
  •   >
  • ネスカフェ『バリスタ』とは何がスゴいのか?普通のコーヒーメーカーとの違いは?

ネスカフェ『バリスタ』とは何がスゴいのか?普通のコーヒーメーカーとの違いは?

ネスカフェ『バリスタ』とは何がスゴいのか?普通のコーヒーメーカーとの違いは?
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネスカフェ『バリスタ』とは?


皆さん、もうバリスタ君はお試しになりましたか?
スイスに本社を置く世界最大の食品・飲料会社「ネスレ」が世界的に製造、販売を手掛けるコーヒーブランド、ネスカフェ(Nescafe)
国内でもなじみ深いのでご存知の方も多いでしょう。
そのネスカフェから『バリスタ』という名前のコーヒーメーカーが2010年3月に発売されました。
(今思えば発売されてから結構月日が経ちましたね。。。)
『バリスタ』はカプチーノエスプレッソといったいつもと違ったコーヒーメニューが、ボタンひとつで作れる家庭用のコーヒーマシン。
インスタントコーヒーで本格的なカフェ気分を味わえるという優れものとなっています。
発売されてから4年以上経つ今でも多くの家庭で愛用され続けている大ヒットアイテム。
最近は「ネスカフェアンバサダー」プログラムの効果もあって、オフィスシーンにも広く普及されはじめました。
(ネスカフェアンバサダーについては後述)




5種類のメニューが楽しめる


では『バリスタ』とは一体どんなところが優れたコーヒーメーカーなのでしょうか。
まずバリスタの最大の特徴は、一台で複数タイプのメニューがとても簡単に作れるという点。
ブラックコーヒー、ブラックコーヒー(マグサイズ)、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソタイプコーヒーの5種類のメニューが用意されており、それら全てボタンひとつで作ることが出来ちゃいます。
ミルクもふわふわに泡立てることが可能。カップにミルクを入れてボタンを押すだけで熱湯ジェットがミルクを泡立ててくれます。
また、ブラックコーヒー、ブラックコーヒー(マグサイズ)、エスプレッソに関しては、濃さの調整も可能です。
同じボタンひとつでも、普通のコーヒーだけが作れるのと、5種類のメニューが作れるのとでは大違い。
同じものばかりでは毎日飲んでいると飽きてきたりするものですが、普段はコーヒー、休日はカフェラテ、たまにはオシャレにカプチーノ、集中したいときにはエスプレッソ、といった飲み方が出来ちゃいます。





シンプルな詰め替えシステム


『バリスタ』では、コーヒータンクにインスタントコーヒーをセットし、後部タンクに水を入れるだけで美味しいホットコーヒーを作ることが可能。
ですので、特殊なカプセル(一杯80円程度)を使うようなコーヒーマシンと比べるとランニングコストが安くなります(一杯14円程度)。
使用できるパックは「ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック」、「ネスカフェ 香味焙煎 エコ&システムパック」、「ネスカフェ プレジデント エコ&システムパック」の3種類。
「ネスカフェ エクセラ」のカートリッジや、御馴染みの瓶入りパウダーは使えないので注意しましょう。





簡単なお手入れ


では、お手入れはどうでしょう。
『バリスタ』は、面倒くさがりで綺麗好きな日本人に合わせた設計となっています。
そのためお手入れは簡単かつ丸洗い可能。
こちらの公式サイトにて詳しいメンテナンス情報が記載されています。
洗浄パーツは水タンク、ドリップトレイ、ドロワー、攪拌部、コーヒータンクの5種類。
ドリップトレイ、ドロワー、攪拌部はコーヒーの汚れが付着しやすいため、定期的にお湯につけるなどして洗浄するのが良いでしょう。
本体のサイズは176×285×359mm(幅×奥行き×高さ)。
重さは3.6kgなのでそれなりに大きいものではありますが、幅が狭くて縦に長い形状なので置き場所に困ることはあまり無いと思われます。








style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2062731224111057"
data-ad-slot="2042717053">




結局、『バリスタ』は他のコーヒーメーカーと違って何が良いのか?


一言で言うと『バリスタ』は、
・缶コーヒーよりも美味しいコーヒーが簡単に飲める
・カプセル式・ドリップ式のコーヒーメーカーよりも掃除の手間、一杯あたりのコストなどが少なく済む
という点で優れています。
また、本体の価格も現在ではAmazonにて約7800円とお手頃価格。
コストパフォーマンスが非常に高いという支持を受け、大ヒット商品となっているようです。





ネスカフェアンバサダーとは?


中川翔子さんの出演するコマーシャルで広く知られるようになった、「ネスカフェアンバサダー」。
このネスカフェアンバサダーとは、一体どういったものなのでしょうか。
そもそも、アンバサダーとは「大使」という意味。
このプログラムでは、「バリスタ」や「ドルチェグスト」などのコーヒーマシンをオフィスや職場で利用することを前提に、ネスレ日本から無料でレンタルできるといったもの。
マシンをオフィス環境に広めることでネスレの商品を知ってもらうと同時に、そのマシンで消費されるコーヒーパックやパウダーなどで収益を上げる仕組みです。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
ネスカフェ バリスタ レッド 012165032
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP