•   >
  •   >
  • 驚愕の事実。朝8時から9時の間に飲むコーヒーには、眠気を覚ます効果がありません

驚愕の事実。朝8時から9時の間に飲むコーヒーには、眠気を覚ます効果がありません

驚愕の事実。朝8時から9時の間に飲むコーヒーには、眠気を覚ます効果がありません
このエントリーをはてなブックマークに追加
アラームが鳴って、数回スヌーズボタンを押してやっと布団から出る。
そして最初にやることはキッチンのマグカップに手を伸ばす。
コーヒーメーカーにスイッチを入れたりスターバックスでコーヒーを注文したりしないと一日が始まらない。

「一杯のコーヒーが全ての始まり。」

という人は少なくないでしょう。
しかし、米メディアElite Dailyによると、朝の8時から9時の間にコーヒーを飲む行為には、少なくてもあなたが考えているほど効果はないと科学的に証明されているとのこと。





詳細がこちら。
私たちの体内で分泌されるコルチゾールの効果を考えると、朝8時から9時の間に飲むコーヒーは全く無駄ということが分かります。
コルチゾールは朝に分泌されるステロイドホルモンで、天然のカフェインのようなもの。
私たちの体内時計によって、コルチゾールの分泌は毎日8時から9時の間にピークを迎え、私たちを目覚めさせ頭をすっきりさせてくれます。
体内時計は24時間リズムで動いていて、特定の化学物質やホルモンを様々なタイミングで分泌させます。
お腹が空いたと感じるのも眠くなるのも、一部には体内時計のおかげです。
つまり、体内時計にもコルチゾールの分泌にも浮き沈みがあり、8時から9時の1時間はコルチゾールの分泌量が最大で、その後は急速に減っていきます。
そして午前中、最初に活力がみなぎった後に訪れる10時頃に感じる倦怠感は、朝の一杯のコーヒーではなくコルチゾールの効果が切れるせいなのです。





その倦怠感を克服する最も良い方法は、8時から9時の間に起きるコルチゾールの大量分泌の後にコーヒーを飲むことです。
仕事に行く前、8時半に飲んだコーヒーは、何の意味もありません。
もし眠気を覚ます目的で飲んでいるのであれば、残念ながら全くのお金と時間の無駄ということになります。
朝一番は、体が分泌するコルチゾールで自然に活力を得られます。
ですので、9時半から11時半の間に一杯のコーヒーを飲みましょう。
そうすれば、コルチゾールとカフェインによる効果を両方得ることができます。

お昼頃または午後にはまた、コルチゾールが分泌されます。
日中に元気づけの一杯を飲むなら、12時から1時に飲んだ場合はあなたが思っているほどにはその効果はないでしょう。
午後、スターバックスでエスプレッソを注文するのは1時過ぎまで待ちましょう。
そうすれば、午後の仕事がもっとはかどるでしょう。何事においても、重要なのはタイミングです。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
AGF マキシムちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒー 黒珈琲 900g
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP