•   >
  •   >
  • 昼寝しよ!一日2時間の睡眠でも、30分の昼寝で元通りになることが判明【仏研究】

昼寝しよ!一日2時間の睡眠でも、30分の昼寝で元通りになることが判明【仏研究】

昼寝しよ!一日2時間の睡眠でも、30分の昼寝で元通りになることが判明【仏研究】
このエントリーをはてなブックマークに追加
現代社会において睡眠不足は健康問題として広く認知されています。
アメリカ疾病予防管理センターによると、不十分な睡眠は交通事故や労働災害につながるだけでなく、生産性の減少にもつながるということが指摘されています。
加えて、睡眠が不足しすぎた場合、肥満、糖尿病、高血圧やうつ病などの慢性疾患になりやすくなります。
アメリカの国民健康聞き取り調査によると、成人の平均睡眠時間は、10人中3人が6時間以下なのだそうです。

JCEMの著者の一人であるパリ第5大学Brice Faraut 博士は、30分昼寝をすることで一晩に睡眠不足で生じたホルモンの影響を逆転させることができるという世界初の研究結果を報告しました。
この研究では、昼寝が神経内分泌ホルモンのバイオマーカー、そして健康な免疫を通常レベルまで修復することが可能だということを発見しました。

研究チームはホルモンと睡眠の関係を観察するために二つの無作為実験を行い、25歳から32歳まで、11人の健康的な男性を被検体としました。
食事や明るさを厳しく制御した研究室で、被験者たちは二つの条件のもと睡眠テストを行います。

一つ目の条件では、被検者に2時間だけ睡眠を許します。
二つ目の条件では、2時間の睡眠をした後、日中に昼寝を30分してもらいます。
3日で1セットの実験双方で、被検者には1日目に8時間、また最終日には回復のために無制限に睡眠をとってもらいます。



研究チームは被検者の尿と唾液から、睡眠抑制されたものと昼寝を行ったものを比べ、ホルモン値の変化を測定します。
睡眠を抑制された直後の被検者のノルアドレナリン(ストレスへの闘争・逃走反応に関係するホルモンで、神経伝達物質)の値は2.5倍に増加していました。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2062731224111057"
data-ad-slot="2042717053">



ノルアドレナリンが増えると心拍数や血圧、血糖値があがります。
ですが、昼寝を行った場合ノルアドレナリンの値に変化は見られませんでした。

また、被検者の唾液から、睡眠不足は抗ウイルス特性をもつタンパク質、インターロイキン6の値にも影響を与えることが分かりました。
睡眠抑制された場合その値は低下し、昼寝をするとその値は通常値のままでした。
このことから昼寝は、免疫機能にも効果があると示唆しています。

「昼寝は睡眠不足に効果的な一つの対抗手段かもしれません。免疫機能や神経内分泌物質を回復するのに役立つからです。この発見は、夜勤などで慢性的に睡眠不足に悩んでいる人に対して行われる実際的治療の進展を促すでしょう。」

と、Faraut博士は述べています。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
テオ・ヤンセンのミニビースト (大人の科学マガジンシリーズ)
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP