•   >
  •   >
  • なぜ、彼氏や彼女と長続きしないのか?遺伝子が原因の可能性あり

なぜ、彼氏や彼女と長続きしないのか?遺伝子が原因の可能性あり

なぜ、彼氏や彼女と長続きしないのか?遺伝子が原因の可能性あり
このエントリーをはてなブックマークに追加
北京大学の研究者らが、人間の持っている遺伝子と、幸せを感じたり関係を長続きさせる能力との関連を発見しました。
研究チームの研究によると、遺伝子には2つのバリエーションがあり、2つのC塩基を持つ人(CC型)は、Cを1つしか持たない人(CG型)やGを2つ持つ人(GG型)よりも高濃度のセロトニンを生成していることが判明しました。
セロトニンとは、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つ
人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから『幸せホルモン』とも呼ばれます。

今回の研究では、579人の中国人学生を調べた結果、遺伝子型と恋愛関係についての明らかな関連性を発見。
遺伝子型がCCの学生では、50%以上が「恋愛中である」と答えたのに対し、CGやGGの学生ではその割合は39%でした。

研究者たちは、この遺伝子が実際の恋愛に及ぼしている影響はわずかであると述べているものの、遺伝子型がCGやGGの人ではセロトニンの産生量が少なく感情の起伏が大きくなるため、対人関係において差が生じてくるのは納得できるものとなっているようです。
チームの一人、Xiaolin Zhou氏は
”楽観主義や神経症傾向は、恋愛関係の形成やその性質、安定に悪影響をもたらす。
Gを含む遺伝子型と精神障害との関連によって、それらの遺伝子型を持つ人たちのデートの機会が減ったり恋愛関係がうまくいかなくなっているのかもしれない。”

と述べています。


そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
恋愛ブランク女子のための運命の人の見つけかた (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP