•   >
  •   >
  • 未来すぎる!ウィンクでズームイン・アウト可能な望遠鏡型コンタクレンズが開発

未来すぎる!ウィンクでズームイン・アウト可能な望遠鏡型コンタクレンズが開発

未来すぎる!ウィンクでズームイン・アウト可能な望遠鏡型コンタクレンズが開発
このエントリーをはてなブックマークに追加
これは、、、是非とも実現化してほしい。
スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究チームが開発したこちらのコンタクトレンズ。
なんと、人間のウィンクによってズームイン、ズームアウトが可能な望遠鏡効果をもったコンタクトレンズとなっています。



厚さ1.55mmのレンズには、ものすごく薄い屈折望遠鏡が埋め込まれており、中の小さい鏡で光を屈折させズームします。
どれくらいのズームかというと、低倍率の双眼鏡を覗いた時くらい。
数字だと2.8倍
装着者が右目をウィンクすればズームイン、左目なら元に戻ります。
レンズの開口部は二種類あり、目の動きでそれらを変えて取り込む光の量を調節します。
この機能を可能にするのは、電子に反応するフィルム。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2062731224111057"
data-ad-slot="2042717053">



フィルムは一種類の偏光に反応するよう制御されているのでそれを切り替えることでズームを可能にしています。



通常のコンタクトレンズとは違い、機械に適した強膜レンズが使われているので長時間の使用ができません。
なので、その技術自体は2013年に発表されたのですが研究者らはこれまで、より快適により使いやすくすることを研究してきました。
通気性をより高くし、酸素が角膜に届きやすいメカニズムを作ります。
このコンタクトレンズが実用化されれば、黄斑変性といった老化性の眼病にも効果が期待できるとのこと。
近い将来、私たちの眼はターミネーターの能力を上回っているかもしれませんね。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉 コレクターズ・ボックス [DVD]
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP