•   >
  •   >
  • ネスレのティーマシン『スペシャル.T(SPECIAL.T)』とは何が凄いのか?

ネスレのティーマシン『スペシャル.T(SPECIAL.T)』とは何が凄いのか?

ネスレのティーマシン『スペシャル.T(SPECIAL.T)』とは何が凄いのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
最近CMでよく見かけるネスレの『スペシャル.T(SPECIAL.T)』
2010年よりヨーロッパで発売され、2013年9月から日本でも販売が開始されているものです。
コーヒーマシンの『バリスタ』で成功しているネスレですが、「コーヒーより紅茶」派な方々にとってはこっちの方が気になるところ。
そんな『スペシャル.T』の凄さについて調べてみました。





完璧な一杯をボタン一つで


まず、『スペシャル.T』とは何かを一言でいうと、「完璧な一杯を飲むためのティーマシン」です。
完璧な一杯のお茶を飲むためには、水、温度、時間などを厳密に管理することが欠かせないのですが、その役割をこのマシンが担ってくれるという訳ですね。
例えば、紅茶を抽出するのに最適なお湯の温度は92度、緑茶の場合は80度といわれており、茶葉の種類が変わるとお湯の温度も大きく変化してきます。
この管理をボタンひとつで出来るようにしてくれているあたりが、一つ目の特徴といったところでしょうか。





茶葉のバリエーション


『SPECIAL.T』のもう一つの売りとなっているのが、25種類のお茶のバリエーション
紅茶、緑茶、白茶、青茶、アールグレイ、ジャスミン、ルイボス、ミント、マンダリンなどなど、様々なお茶のタイプを楽しむ事が可能です。
全長約4cmのカプセルの内部に、十分な余裕を持った形で茶葉が内包されており、その茶葉はティーバッグ用の粉末茶葉ではなく、本物の茶葉。
容量は一杯分で、10個入り735円。
使用後のカプセルは本体内部のコンテナに落下し、溜まってきたら捨てるという形なので片付けも楽チンですね。





気になるランニングコスト


本体価格は14,800円、カプセルは10個入りで735円ですから、一杯あたり73.5円の計算。
量販店で売られているようなティーバッグよりは少し高くなりますが、ペットボトル飲料と比べると安くなります。





弱点


強いてあげるならば、一気に何杯ものお茶を入れるには時間がかかりそうなこと。
また、マシンによって完璧な一杯を安定的に提供してくれるので、逆に濃さを調節することが難しくなります。
さらに本体の大きさは16.1cm × 高さ26.6cm × 奥行き30.6cmなのですが、その形状からキッチンに置くと少し存在感が大きいような気がします。





そんな『スペシャル.T(SPECIAL.T)』ですが、今ならオフィシャルサイトから購入すると初回限定セット(カプセル20個10種×2、カップ&ソーサー1組、専用浄水フィルター1個)が付属するそうです。
詳細はこちらをご覧下さい。
http://nestle.jp/brand/SPECIAL.T/

そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
Nestle カプセル式ティーマシン SPECIAL.T チャイナレッド ST9662.62RD
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP