• >
  • >
  • 知ってた!?クリスマス定番映画「ホーム・アローン」に隠された25のストーリー

知ってた!?クリスマス定番映画「ホーム・アローン」に隠された25のストーリー

知ってた!?クリスマス定番映画「ホーム・アローン」に隠された25のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
IdeaHackをフォロー:
クリス・コロンバス監督の1990年に公開されたファミリーコメディである「ホーム・アローン」
クリスマス映画といえばこのタイトルを上げる方も多いんじゃないでしょうか。
興行収入が12週連続一位、最も売れた実写コメディ映画としてギネスにも登録されているヒット作。
世界中の何百万人もの人々にとってクリスマスにはなくてはならない映画にもなっていますが、今回はそんなホームアローンについて、あなたがきっと知らない隠されたストーリーやトリビアをご紹介しましょう。




タランチュラのシーンをよりリアルにするため、ダニエル・スターン(痩せた泥棒のマーヴ役)は本物のタランチュラを顔にのせた。
ただ、タランチュラを刺激しないように、映像では叫ぶまねだけをして、声は後から吹き替えた。




ギネスにも登録されるほどのヒットとなったため、「ホーム・アローンになる(=チケットの売り上げが伸びる)」という言葉が作られた。




ケビンの兄バズのガールフレンドは実際にいる女性ではなく、女装した芸術監督の息子。
コロンバス監督が、実在の女性を使うのは10代の女の子には酷だと判断。




作中、ケビンが観て見事なトラップを思いついたあの映画「Angels with Filthy Souls」は実在しない映画。
ホーム・アローンの罠に使うためにギャングシーンを撮影した。




ジョー・ペシ(太った泥棒ハリー役)は、撮影に熱中するあまりファミリー向けコメディだということを忘れて、リアルな怒りを爆発させ続けた。
コロンバス監督はそんな彼に「冷静になれ」と忠告。




ペシはカルキンを本当に怖がらせたかったので、撮影中はカルキンを避けていた。
コートのフックにカルキンが引っ掛けられるシーンのリハーサルで、「お前の指を1本ずつ、全部噛みちぎってやる。」というペシのセリフがあったが、ペシは本当に彼の指を噛んで出血させた。




ハリー役はもともとロバート・デ・ニーロとジョン・ロヴィッツにオファーしたが、二人とも断った。




ホーム・アローンの撮影は全てシカゴで実施。
パリの空港も実際にはシカゴ・オヘア国際空港で、豪華なビジネスクラスのシーンは地元の高校のバスケットボールのコートにセットが組まれ、水浸しになった地下室もその高校のプールで撮影された。




バズの部屋でケビンが見つけたプレイボーイ誌は1989年のエリカ・エレニアック特集。
エリカ・エレニアックはベイウォッチに出演していたモデル兼女優。




マーヴが踏んだガラスのツリー飾りは、実際にはキャンディーで作られたもの。
さらに万一のため、マーヴ役のスターンは裸足のシーンでは足の裏部分がゴム製の靴下を履いていた。




医師によると、ホーム・アローンでハリーとマーヴが受けたダメージをもし実際に受けた場合は即死とのこと。




おねしょが卒業できないケビンのいとこフラー役は、マコーレー・カルキンの弟。




ケビンが怖がっていた近所のおじさんは、もともとの設定にはいなかった人物。
監督の提案によって、映画にセンチメンタルさを加えるために後から付け加えられた。




ケビン役はマコーレー・カルキンでほぼ決定してはいたが、本当に適約かどうか判断するため100人の男の子のオーディションが実施された。




ホーム・アローンのアイデアは、プロデューサーのジョン・ヒュージが、1989年公開のマコーレー・カルキンが主演したコメディ映画「おじさんに気をつけろ(Uncle Buck)」の製作中に思いついた。




ケビンの姉ミーガンを演じたヒラリー・ウルフは、現在柔道家。
アメリカ代表として1996年のアトランタオリンピック、2000年のシドニーオリンピックに出場している。




ホーム・アローンは世界中で有名だが、特にポーランドではクリスマスシーズンの象徴的な映画となっている。
2011年には、5百万人以上のポーランド人がホーム・アローンを観ていて、その時期に最も観られた映画となっている。




映画に登場したおもちゃ「トークボーイ」は、劇中限りの小道具のつもりだったが、映画を観たファンからの要望で数年後に本当におもちゃとして発売された。




世の中は面白い者で、エルビス・プレスリーがホーム・アローンに出演していると信じている人たちが実在する。
彼らはエルビスがまだ生きていると信じていて、ケビンの母親がホテルのフロントで叫んでいるシーンで後に立っているひげを濃く生やした人がエルビスだと思っているとか。




マカリスター家の邸宅は実際は、イリノイ州ウィネトカのリンカーン通り671番地に存在する。
この3階建ての邸宅は2011年に240万ドルで売りに出され、2012年に158万5千ドルで売却された。
現在は観光名所として宣伝されている。




庭にあったケビンのツリーハウスは映画撮影のために作られたもので、撮影終了後は取り壊された。




もともとの悪夢のストーリーは、ケビンは家全体が彼を殺そうとする恐ろしい夢によってうなされる、というものだった。
しかし撮影費用が高くつく可能性があったためストーブだけに変更されて、スタッフが釣り糸と懐中電灯を使ってストーブを操作した。




ジョン・キャンディ(ポルカ・キングのリーダー役)の出演シーンは1回だけの撮影だったが、撮影終了まで23時間かかった。
自分の息子を葬儀場に忘れてきたことがあるという話はアドリブ。




ホーム・アローンのポスターでマコーレ・カルキンが叫んでいる顔は、「ムンクの叫び」にそっくり。




トラップをしかけるための作戦地図は、マコーレ・カルキンが実際に描いた。

この記事が気に入ったら
IdeaHackをフォロー:
http://list25.com/25-things-you-probably-didnt-know-about-the-home-alone-movie/
Facebookでシェア
Twitterでツイート
ホーム・アローン [DVD]
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
IDEA★HACK厳選SHOP ☞ こちら
合わせて読みたい関連記事
このジャンルの最新ニュース

人気記事 TOP 5
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
follow us in feedly
ピックアップ記事