•   >
  •   >
  • ”旅”を単なる娯楽だと勘違いしている人へ

”旅”を単なる娯楽だと勘違いしている人へ

”旅”を単なる娯楽だと勘違いしている人へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット社会が広がり、世界各地で起こっていることを瞬時に覗き見できるようになりましたが、やはり、現地の風に吹かれ、空気の匂いを嗅ぎ、出来事を自分の目で見るのとでは大きく違います。
また、いわゆる旅行を、単なる娯楽として認識し、

「そんなお金があったら今欲しいものを買うよ」
「忙しくてそんな時間がないんだよ」

と、長期で外へ出かけることを避けてきた方も、一度思い切って”旅”に出てみましょう。

ライターのSusan Shainさんは
「旅行は楽しさを得られるばかりではなく、人間として成長させてくれるもの」
と、語ります。
その根拠の幾つかを、こう説明してくれています。

1. 旅は自らをステップアップする機会


自分が何者であるか、何を目指しているか、どんな可能性が広がっているのか、そういうことに気づかせてくれる、あるいは考える機会を与えてくれるのが旅だと、Shainさんは話します。
「振り返ってみると、人生の転換、あるいは重要な決断をしたのは、いつも、旅の途中だった。
ライターになろうと思ったのは、韓国で英語の講師をしている時。
長い結婚生活に終止符を打とうと思ったのも、旅をしている最中だった。」

人に何らかのきっかけを与えてくれる、時間を提供してくれるのが旅なのです。

2. 旅は心を解放させる


暮らしていく社会の人間関係にがんじがらめになっていると、他者への理解や思いやりなどからは、どんどん離れてしまう場合があります。
異文化に触れると、人は違っていてもいい、違うことが当たり前だということに気付かされます。
「私は、同じような人々が暮らす小さな村で育ったが、旅に出なければ、世界には様々な文化があること、そして世界はこんなにも美しく、素晴らしいものであることに気付かなかっただろう」
と、Shainさんは思いを述べました。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2062731224111057"
data-ad-slot="2042717053">



3. 旅は自分にとって大事なものを思い出させる


日々の生活の中で、人に対し、物に対し感謝の気持ちが湧くことは、もちろんありますが、常に意識して生活していけるわけではありません。
慣れてしまったり、恨みや妬みが感謝の気持ちを抑えつけてしまうこともあります。
たまには、外の世界へと飛び出し、生きて暮らし続けていけることへの感謝の気持ちを思い出すことも良いでしょう。
「ニカラグアの小学校で3ヶ月間ボランティアをした時のこと。
子どもたちは物質的に恵まれているわけではなかったが、いつも笑顔で陽気だった。
ちょっとしたことにも満足し大喜びをする彼らを見るにつけ、私もとっても嬉しくなり、ありがとうと、言いたくなった。」

Shainさんの体験もまた、旅の醍醐味なのかもしれません。

4. 忍耐を教えてくれる


飛行機の乗り継ぎに何時間も待たされる、バスの長旅に疲れ果てる、世界各地を回る旅行者なら、当たり前の出来事でしょう。
旅に出れば、こうしたイライラさせられる出来事に何度でもぶつかります。
この一つ一つを乗り越えて行くうちに、めったなことでは動じない我慢強さが形成されていくのです。
「国境を越えるのに、5時間も、6時間も待たされる経験をする中で、私の忍耐筋は鍛えられた」
と、Shainさんは振り返ります。

まだ人生で旅に出た経験が無い方も、是非一度、チャレンジしてみては如何でしょうか?
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
保存版 バックパッカーズ読本
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP