•   >
  •   >
  • 「画面タップ」や「スワイプ」で充電可能なスマホ、開発迫る

「画面タップ」や「スワイプ」で充電可能なスマホ、開発迫る

「画面タップ」や「スワイプ」で充電可能なスマホ、開発迫る
このエントリーをはてなブックマークに追加
米国・ジョージア工科大学のナノテクノロジーエキスパートであるZhong Lin Wang氏とそのチームは、衝突や摩擦によって電気を発生させることが可能な小型サイズの発電機を開発しました。
特殊改良された2枚のポリマーシートがこすれたり押されたときに電気が発生する仕組みで、タップやスワイプなどタッチパネルデバイスで日常的に行う動作でスマートフォンのバッテリーを充電できると期待されており、端末駆動時間を長期化できる可能性が高まっています。
この技術はTriboelectricity(摩擦帯電)と呼ばれる原理に基づいており、これはいわゆる静電気の一種。
異なる二つの物質が擦り合わさる事で片方から他方へ電子が移動して電位差が生じ、ここから物体を引き離す時に電子間の引力に逆らう仕事が電位エネルギーに変換されて高電圧が生じる仕組み。
『TENG』と呼ばれるこの発電機では摩擦レベルを高くするマイクロパターンを採用し、1平方メートルで300ワットの電力を生み出す事が可能で、これは一回の足踏みで1000個のLED電球を光らせることが可能な水準だそうです。



『TENG』は様々なマテリアルで利用することが可能で、紙や金属、プラスティック、衣類などの上においても機能し、既に靴のインソールやフロアマットなどに内蔵した取り組みも進んでいるとのこと。
先週ダラスにて開かれたAmerican Chemical Societyでは、現在チームはモバイルデバイスの充電器など商用プロダクトの開発を進めているようです。



そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP