•   >
  •   >
  • 全面LED植物工場が誕生。面積効率100倍、水使用率1%、成長速度2.5倍【宮城】

全面LED植物工場が誕生。面積効率100倍、水使用率1%、成長速度2.5倍【宮城】

全面LED植物工場が誕生。面積効率100倍、水使用率1%、成長速度2.5倍【宮城】
このエントリーをはてなブックマークに追加
将来、私たちが口にする野菜は全部工場生産によるものになってしまうかも。。。
先日、宮城県多賀城市に大規模なLED照明を使った人工光型の植物工場が完成。
全面的にLED照明を採用した植物工場としては世界最大規模で、レタスなど1日に約10,000株の収穫が年間を通じて可能とのこと。
さらに、この工場におけるクリーンルームの無農薬栽培は既存の農法と比べて面積効率は100倍、水の使用は1%、成長速度は2.5倍というから驚きです。



みやぎ復興パークが入居するソニー仙台テクノロジーセンター内の電子デバイス工場において、クリーンルームや高い階高、断熱性能など、建物が既に持つ特性を有効活用しつつ植物工場にリノベーションしたもので、株式会社みらいによって建設。
嶋村茂治社長は植物生理学者でもあります。
生産した野菜は地元のスーパーやレストラン等で販売し、売り上げは年間数億円程度を見込んでいるとのこと。



植物は基本的に昼に光合成して夜に呼吸します。
この原理に基づいてLED照明の光を植物に合わせた効率の良いサイクルで調整。
これにより野菜の成長速度は2.5倍に。
生産物の廃棄も、従来の農場と比べると約50%から約10%にまで減少させることに成功しているようです。









技術が進化するにつれて、野菜や果物の工場栽培によるメリットが従来の農法による栽培によるものを上回ってきます。
近畿大学水産研究所によるマグロの養殖もしかり。
将来的に家庭の食卓に並ぶ食べ物のほとんどが、工場生まれ工場育ちなものになってくるかもしれませんね。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
今日から育てるキッチン菜園読本
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP