•   >
  •   >
  • これが緑の力!観葉植物を置くだけで仕事の生産性は15%アップします

これが緑の力!観葉植物を置くだけで仕事の生産性は15%アップします

これが緑の力!観葉植物を置くだけで仕事の生産性は15%アップします
このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィスに植物を置くだけで職員の気持ちが向上し、仕事効率も高まるという研究結果が発表されました。
研究者によると、緑のあるオフィスと簡素で無駄のないオフィスでの仕事効率を比較した結果、何かしらの植物を置いたほうが仕事の生産性が15%上がることが判明したようです。

研究はイギリスとオランダの大きな商業事務所2か所で数か月に渡り実施。
植物を置くことで職場の空気や仕事への集中力、職場への満足度に対する職員の意識がどのように影響を受けるのかと仕事の効率性を調査しました。
研究リーダーで心理学者でもあるMarlon Nieuwenhuis氏によると

「研究の結果、オフィスに植物を置くことによって、職員は職場環境が改善したと感じており、さらに仕事効率も上がっていることが分かりました。
少なくとも研究の結果では、植物を置く費用を賄えるほどの効用が観測できたのです。
質素なスペースに緑を置くだけで仕事効率が15%上がる-この数字は過去の他の調査結果とも合致しています。
またこの結果が推奨する内容は現代の風潮である“シンプル”を追求する経営方針にはそぐわないかもしれませんが、少なくともより楽しく快適なオフィスライフを提供するための簡単な道筋を示しているといえるでしょう。
これまでにあった研究でも同様の結果が出ていたことはありますが、私たちの研究は、実際のオフィスを何か月にもわたって検証し、植物の長期間での効用を示した初めての結果です。きれいで無駄のないオフィスのほうが働きやすいという一般概念に真っ向から反論する内容となっています。」


とのこと。

実際にあるオフィスで研究を行うことで、研究者は植物を置くことで確かに職員の職場への満足感、集中力と職場環境のイメージを向上する効果があったと確信を持つことができたようです。
植物のあるオフィスにすることで職員が職場に対してより物理的にも、意識的にも、感情的にも親しみを覚えるというのが、植物を置くことの効果のようです。

「実際にある職場を心理学の観点から変えることによって、既存の職場デザインやマネジメント論の何が正しくて何が誤っているのかをより深く理解できるようになったと思います。」

こう語るのはエクセター大学で合同研究者のDr.Craig Knight氏。

「我々は今、真のスマートオフィスの雛形を作ろうと研究を続けています。」
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
ガジュマル陶器鉢植え(ホワイト)
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP