•   >
  •   >
  • Google、無着陸で5年間飛び続けられるドローンを試験申請。無人島でネット接続

Google、無着陸で5年間飛び続けられるドローンを試験申請。無人島でネット接続

Google、無着陸で5年間飛び続けられるドローンを試験申請。無人島でネット接続
このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグルが、最大で5年間滞空できる太陽光稼働のドローン『Amospheric Satellite(大気圏衛星)』の試験許可を米国連邦通信委員会(FCC)に申請しました。

グーグルは今年4月、無人航空機メーカーとして知られるTitan Aerospace社を買収。
Titan社のドローンは、ソーラーエネルギーと電気によって稼働し、長時間の滞空が可能なことに特徴を持っています。
そのTitan社の『Amospheric Satellite』を利用し、グーグルは最大5年間、無着陸で滞空可能なドローンを飛ばす許可を申請しました。
この試験の目的は、地上のあらゆる場所にインターネット環境を構築すること。
地球上のあらゆる場所でネットに繋がるような世界がもうすぐやってくるかもしれません。



審査が通過するとこのテストは2014年10月6日から180日間行われる予定。
910~927MHz、2.4GHz~2.414GHzの周波数帯を利用するそうですが、詳細なコメントはまだ明らかとなっていません。
ドローンが地球の上空を飛び回り、海のど真ん中や樹海の奥地でもネットが繋がる世界。
無人島に持って行くとしたら、「モバイル端末」を選ぶ日が来るかもしれません。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP