• >
  • >
  • 絆創膏のように肌に貼付けて健康管理をサポートする「第二の皮膚」が開発

絆創膏のように肌に貼付けて健康管理をサポートする「第二の皮膚」が開発

絆創膏のように肌に貼付けて健康管理をサポートする「第二の皮膚」が開発
このエントリーをはてなブックマークに追加
IdeaHackをフォロー:
米国イリノイ州にあるノースウェスタン大学とイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究チームが開発した、こちらのパッチ。
絆創膏のように人間の肌に貼付けられるようになっており、皮膚直下の体温、血流をモニターして健康管理上のアドバイスを色で知らせる「第二の皮膚」となっています。
プラスチックと何千もの小さな液晶で作られているのでパソコンやスマートフォンの画面のように滑らかなものではありませんが、非常にフレキシブルで、本物の皮膚であるかのように体にぴったりと貼りつきます



この装置は皮膚直下の体温の変化を検出し、液晶の色が体温に反応して変化。
皮膚直下の体温は血流などの体の状態をそのまま反映しているため、健康管理上とても重要な情報となります

着けている人がそれを着けていることすら忘れてしまうような感覚は、医療においても活躍が期待されています。
例えば、糖尿病の患者や初期の心臓疾患では四肢の末端で血液循環が悪化することがありますが、この装置はそのような症状をいち早く検出可能。
また、損傷を受けた組織の周辺は一般的に熱を発生するため、皮下組織で起きた炎症や感染を検出することもできるかもしれません。
さらには水和状態などの情報も集めることができるかもしれない、と研究者たちは述べています。



この装置は体温の計測だけでなく、他のセンサーと組み合わせることによってさらに便利なものになる可能性も秘めています。
例えば、紫外線センサーと湿度センサーを組み合わせれば、装着者に日焼けの危険性を知らせることができます。
空気はこのパッチを通りぬけるため、皮膚が蒸れることもありません。

また、この装置にはバッテリーも必要ないとのこと。
裏側にワイヤレスな電気系統があり、リモート電源から電力を供給しているとチームリーダーのYihui Zhang氏は述べています。



このパッチには新たな材料や部品は使われていないため、生産コストも比較的安くすむそう。
彼らによると「数ドルで販売できるようになるだろう。」とのことです。
この技術を市販化するために、マサシューセッツ州ケンブリッジにMC10 Inc.という会社を既に設立済み。

巷で話題のウェアラブルなどは眼鏡や腕輪、指輪などあくまでも「体に装着する」ものがほとんどですが、絆創膏のような感覚で皮膚に張っておくだけで様々な機能を提供してくれる「第二の皮膚」スタイルにも大きな可能性を感じますね。
この記事が気に入ったら
IdeaHackをフォロー:
http://www.livescience.com/48109-flexible-skin-sensor-track-health.html
Facebookでシェア
Twitterでツイート
サイエンス大図鑑 【コンパクト版】
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
IDEA★HACK厳選SHOP ☞ こちら
合わせて読みたい関連記事
このジャンルの最新ニュース

人気記事 TOP 5
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
follow us in feedly
ピックアップ記事