•   >
  •   >
  • 【閲覧注意】南アメリカで小型犬サイズのクモが発見されました

【閲覧注意】南アメリカで小型犬サイズのクモが発見されました

【閲覧注意】南アメリカで小型犬サイズのクモが発見されました
このエントリーをはてなブックマークに追加
夢にでてきたらうなされそう。。。
ハーバード大学の科学者であるPiotr Naskrecki氏が、この世で最も恐ろしい生物の一つとなりそうな、小型犬ほどの大きさのクモをガイアナの熱帯雨林で発見しました。
ハーバード大学比較動物学博物館の昆虫学者で写真家でもあるNaskrechki氏が出会ったこの世界最大のクモはSouth American Goliath birdeater(ゴライアス・バードイーター、ルブロンオオツチグモ)という名称。
このクモの肢の長さは1フィート(約30cm)にも達し、その体の大きさは平均的な人間の手よりも大きく、重さは170g以上あります。
Naskrecki氏が言うには、その巨大さゆえこのクモが歩くと音が聞こえるそうです。
彼はLive Science誌に「このクモの足先には硬い爪があり、馬が地面を蹴るときの音にも似たような音をさせる。」と語っています。









彼がそのクモに出くわしたとき、クモは肢をお腹にこすりつけ始め、防衛態勢に入ったそうです。
そのクモは敵に出くわすと、肢をお腹にこすりつけてできた毛玉を敵に投げつけ、それが敵の目に入ると数日間はひどく痛むんだとか。
また、2インチ(約5cm)の牙で噛み付いてくることも。
このクモに毒はありませんが、もし咬まれれば「手に釘を打ちつけられているようなもの」だそうです。
しかし「鶏だったらかなりのダメージを負うかもしれないが、このクモが我々の命を脅かすことはないだろう。」とNaskrecki氏は言います。



ちなみにこのクモ、「バードイーター」という名前がついておりますが、鳥を獲物にはしていません。
普段は夜行性のカエルや昆虫、ミミズなどを食べています。
このクモはとても珍しく、「私は何年も南アメリカの熱帯雨林で調査をしているが、最近10~15年でこのクモを見たのは3回だけだ。」とNaskrecki氏は言います。
Naskrecki氏はメスのクモを捕獲し、そのクモは現在博物館が所有しているとのことです。

そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
世界動物大図鑑―ANIMAL DKブックシリーズ
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP