•   >
  •   >
  • 仏研究、脳への電気刺激により記憶の刷り込みに成功。忘れたい過去の消滅も

仏研究、脳への電気刺激により記憶の刷り込みに成功。忘れたい過去の消滅も

仏研究、脳への電気刺激により記憶の刷り込みに成功。忘れたい過去の消滅も
このエントリーをはてなブックマークに追加
小さな妖精が睡眠中に頭の中に潜り込んで、嫌な記憶を消しゴムで消してくれたら、、、なんて思ったことはありませんか。
それが、実現するかもしれません。

フランス国立科学研究センター(CNRS)とESPCI Paris Tech研究者チームが、睡眠中のマウスの脳に2つの電極を埋め込み、電気刺激を与えることによりニュートラルな記憶を、ポジティブな記憶へ置きかえることに成功しました。
研究者チームは、電極の1つを、位置関係などの空間記憶に関連する海馬に埋め込み、もう1つをいわゆる報酬中枢に埋め込みました。
まず研究チームは、昼の間にケージに入れたマウスを探索させ、脳内の活動を観察しました。
探索した各所の記憶を保存する時、海馬の異なるニューロンが発火し、空間情報が記録されたことを示します。
さらに夜間、マウスの睡眠時に、昼間の場所記憶が固定される頃を見計らって脳活動を観察。
この時、ケージの特定の地点でニューロンが発火するタイミングで、食物などの報酬中枢を電気刺激しました。




その結果、目覚めたマウスは、ニューロンが発火した地点へ一直線に向かったということです。
つまり、「その地点には、ご褒美がある」という記憶の刷り込みに成功したことが示唆されます。
研究者は
「記憶は断片的に保存されるようだ。
記憶の事実内容と記憶に関連する感情は別々に保存され、それぞれが変更可能だということである。
今回の実験は、脳内に電極を埋め込むという侵襲性が高いものであるから、人に対して同じようなプロセスを試みることはできない。
だが、非侵襲的な手段が見つかる日も、そう遠くないだろう」

と話しています。
睡眠中に人工の記憶を植えつけることに成功したということは、心的外傷患者やうつ病患者の治療にとって大きな成果といえるでしょう。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
光の「速読法」と「記憶法」が5日間で身につく本
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP