•   >
  •   >
  • 酒はヘロイン、コカインよりも危険。大麻はタバコより安全であることが明らかに

酒はヘロイン、コカインよりも危険。大麻はタバコより安全であることが明らかに

酒はヘロイン、コカインよりも危険。大麻はタバコより安全であることが明らかに
このエントリーをはてなブックマークに追加
大麻に対する見解や取り締まりは国によって様々ですが、ドレスデン工科大学(ドイツ)の疫学研究チームはこのほど、“大麻はアルコールほど危険ではない”という研究報告を発表しました。
「Scientific Reports」に掲載された報告によると、同研究チームは、曝露幅(Margin of Exposure)*という手法を用いて、アルコール、ヘロイン、コカイン、タバコ、エクスタシー、メタアンフェタミン(覚せい剤)、大麻の7種を対象にその危険性を評価しました。
この結果、最も健康影響へのリスクが高かったのはアルコールで、次にヘロイン、コカイン、タバコ、エクスタシー、メタアンフェタミンと続きます。大麻は最もリスク度が低く、最高のアルコールと比較すると、114分の1になるそうです。
大麻は“低死亡リスク”に分類され、アルコール、ヘロイン、コカイン、タバコは“高死亡リスク”、エクスタシー、メタアンフェタミンは“中死亡リスク”に分類されることになりました。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2062731224111057"
data-ad-slot="2042717053">



この報告は、大麻を違法と認めている国の司法機関に相反するものですが、研究者は「今回の結果からしても、阻止の優先性を大麻からアルコールやタバコなどに移すことを考える時期」と意見を述べています。
研究者は、
「今回のリスク分類は、特異的にその物質自体の致死性を測定したもの。
また、汚染された注射針や不適切な道具使用などの環境的要因は考慮されていない」

としています。
そのため、アルコールやタバコ、大麻などの依存度リスク、飲酒と他の薬剤との相互作用、発癌性など多くの別の要因を入れて検討するなら、どのような結果になるのかも興味を引きますね。

*暴露幅
曝露マージン(Margin of Exposure)ともいい、用量-反応評価の結果から導き出した無毒性量などの閾値や、それに相当する用量と、摂取量の大きさとの違いを数的に示す指標で、両者の比で示される。(農林水産省用語解説より)
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
マリファナはなぜ非合法なのか?
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP