•   >
  •   >
  • Raspberry Piでつくる野菜をさわって奏でる楽器『Beetbox』

Raspberry Piでつくる野菜をさわって奏でる楽器『Beetbox』

Raspberry Piでつくる野菜をさわって奏でる楽器『Beetbox』
このエントリーをはてなブックマークに追加
Scott Garner氏によって開発されたこの『Beetbox』は、野菜の一種である"ビーツ"で演奏する電子楽器だ。
リアルな野菜をタッチインタフェースとして用いて、音を奏でることができる。
中にはRaspberry Piが内蔵されており、タッチセンサー、スピーカー、アンプ、そして"ビーツ"が使われているようだ。





また、タッチセンサーの制御にはMPR121を使用。
I2C接続によってPythonでRaspberry Piとやりとりし、タッチを検知してドラムなどの様々な音をpygameで出力する。ステレオアンプもLM386で自作しているとのこと。

"Beat"と"Beet"をシャレたプロジェクト。
食べ物で演奏とかいうとお母さんに怒られそうだけど、これならまだ怒られないかもね。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
Raspberry Piユーザーガイド
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP