•   >
  •   >
  • Raspberry Piで自作するピンボールマシン

Raspberry Piで自作するピンボールマシン

Raspberry Piで自作するピンボールマシン
このエントリーをはてなブックマークに追加
近頃はピンボール台を見かけることも少なくなったが、デジタルが当たり前な今の若者たちにとっては案外クールなゲーム機に見えるのかもしれない。
高校を卒業したばかりのMark Baldridge氏が、Raspberry Piを使ってピンボールマシンを作り上げた。
PythonとLinuxに詳しかったこともあり、Raspberry Piが最適だと考えたようだ。
ピンボールマシンには多くのスイッチやセンサー、LED、ソレノイドが取り付けられており、それらをリアルタイムに制御する必要がある。
一方、Raspberry PiのI/Oピンの数は限られており、最大でも16ピンまでだ。
そこでMarkは、I2Cと呼ばれるmaster/slaveバスインターフェイスとMCP23017マイクロチップを使い、16のピンを112にまで増やしたようだ。
動画内では実際にプレイしている様子が見られる。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
放課後、ゲームセンターで ~電子の精たちに捧ぐ~ (GAME SIDE BOOKS) (ゲームサイドブックス)
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP