•   >
  •   >
  • 医療革命!マイクロ金属を体内に埋め込み、熱して周囲の癌細胞を破壊する新治療法が開発【英研究】

医療革命!マイクロ金属を体内に埋め込み、熱して周囲の癌細胞を破壊する新治療法が開発【英研究】

医療革命!マイクロ金属を体内に埋め込み、熱して周囲の癌細胞を破壊する新治療法が開発【英研究】
このエントリーをはてなブックマークに追加
癌の治療において、腫瘍を取り除く外科的切除、さらに化学療法や放射線療法が一般的ですが、再発する症例も少なくはありません。
また、化学療法や放射線療法も、正常細胞に影響を与え、重い副作用に苦しむケースが減りません。
イギリスのリーズ大学研究者チームがこのほど発表したゴールド・ナノチューブという手法は、診断、治療などに大きな役割を果たせるものとして、注目が集まっています。
同研究者チームが“Advanced Functional Materials”誌で明らかにしたところによると、このゴールド・ナノチューブは管構造をした金のナノ粒子で、細いストローに似たものです。
これを従来の治療法に統合すれば、これまでの治療の効果がさらにアップすると研究者は自信を示しています。
「ナノチューブの長さを調節する新しい技術が確保できたことにより、近赤外線の最適な吸収が実現した」
と研究者は話します。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2062731224111057"
data-ad-slot="2042717053">



人の組織は、ある光の波長を透過します。
この波長とは赤外線で、太陽に手をかざした時に赤く見えるのがそれです。
ナノチューブを体内に挿入し、適切な波長の光を当てると、ナノチューブがその光を吸収してエネルギーを熱に変換します。
ちょうど、皮膚が日光で温かくなる状態と同じです。
レーザービームで、ナノチューブ周辺の温度をさらに上げて癌細胞を破壊することが可能となります。
また、細胞レベルの研究では、レーザーの輝度によって、ナノチューブの癌細胞破壊モードか、腫瘍の画像化のどちらかに調節できるようになるということです。
マウスを使った実験では、最新の“マルチスペクトル光音響トモグラフィ(MSOT)を用いて、静脈注射したナノチューブを検出できました。
ナノチューブは体から排出されるため、副作用などの問題を起こす心配はないということで、それが臨床使用のために最も重要なことです。
さらに、研究者は
「ナノチューブは中心が空洞であるため、治療薬を装填し、腫瘍に直接送達することが可能となる。この腫瘍標的化と局所的な薬剤送達が複合して実現できれば、患者個別的に、低侵襲治療と腫瘍の確認が可能となる」
と説明し、今後の研究への意欲を示しました。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP