•   >
  •   >
  • いつもそばに大切な人。遺灰を散りばめた美しいジュエリー、Etsyに登場

いつもそばに大切な人。遺灰を散りばめた美しいジュエリー、Etsyに登場

いつもそばに大切な人。遺灰を散りばめた美しいジュエリー、Etsyに登場
このエントリーをはてなブックマークに追加
大切な人を亡くす思いは、簡単に言葉にできるものではありません。
いつまでも、傍にいてほしかった…。
亡くなった愛しい人を感じていられるようなジュエリーはかなり多く作られています。
カリフォルニアで活動するアーティスト、Merry Coorさんの作品は、ガラスビーズを素材にしたもの。
美しいガラス玉を包むよう、「遺灰」がちりばめられています。












style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2062731224111057"
data-ad-slot="2042717053">



Coorさんがアート活動を始めたのは2000年。
始めは、普通のガラスビーズジュエリーを製作していました。
ある日、1組のカップルがやってきて、「大切な友人の遺灰をビーズに混ぜ込めないだろうか」と尋ねました。
この特殊な要望を実現することで、「これまでのビーズ制作に新しい目的を見出した」と、Coorさんは振り返ります。






現在Etsyにて出品しておりオーダーを受けていますが、
「大切な人を亡くすことはとても悲しいこと。
でも、その存在が残るものをずっと身につけていられたら、少しは癒されるのではないだろうか」
と、同サイトには記されています。



オーダーは、遺灰を少々(スプーンに半分くらいの量)と共に、写真や手紙、エピソードなど故人にまつわるものを送ると、2~4週間で完成するそうです。



Coorさんが使うのは、特別に色付けしたガラス。
溶かしてビーズの形に造り上げ、ビーズの周りに、渦を巻くようなデザインで遺灰を置いていきます。
その上から、透明なコーティングをかけ、遺灰を守ります。


ガラスの色は、惑星や宇宙をイメージするよう、基本的にブルー系を使っている

遺骨ペンダントは様々ありますが、こんなにも美しいネックレスなら、悲しみも少しは癒されるでしょう。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
シルバー カロート ペンダント 遺灰 遺骨 ペンダント ピッコロ マット クロス SV925
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP