• >
  • >
  • 使えそうなArduinoシールド18種類まとめ

使えそうなArduinoシールド18種類まとめ

使えそうなArduinoシールド18種類まとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
IdeaHackをフォロー:
シールドリストを見ていて何となく使えそうだなと思ったArduinoシールドのまとめリストです。

XBeeシールド





URL:XBeeシールド
価格:2,495円
説明:SparkFun社が設計した、Arduino用のXBeeシールド。
Arduino ワイヤレスプロトシールドやArduino ワイヤレスSDシールド同様、Arduino-XBeeモジュール間のロジックレベル変換をしてくれる。(MOSFET使用)
このSparkFun社製のXBeeシールドではハードウェアシリアルだけでなく、ソフトウェアシリアルによる(D2)と(D3)を使った通信が可能。(切り替えのスイッチ付)

GPS シールド





URL:GPS シールド
価格:1,495円
説明:GPSモジュールを搭載するためのシールド。EM-406 GPSモジュール用のソケットがあらかじめ用意されている。また、表面にはEM-408 GPSモジュール用・ 裏面にはEB-85A(FV-M8) GPSモジュール用のソケットを取り付けることの出来る箇所も用意されている。さらにUP-501をそのまま乗せられるスペースもある。

microSD シールド





URL:microSD シールド
価格:1,495円
説明:マイクロSD用のスロットのついたシールド。
電圧変換のチップが搭載されているため、このまま使うことが可能。
マイクロSDとArduino間の通信はSPI方式。
マイクロSDのSCK,DI,DOは、Arduinoのデジタルピン11-13番とCSはデジタルピン8番にそれぞれ接続されている。
ほぼ完成品。ピンヘッダ/ピンソケットは付いていない。

USBホストシールド





URL:USBホストシールド
価格:2,495円
説明:ArduinoをUSBホストとして利用する為のシールド。様々なUSB機器をArduinoへのインターフェースとして使えるようになる。
D7~D13を使用しており、その内D10~D13はSPI接続用。

Ardumoto シールド





URL:Ardumoto シールド
価格:$24.95
説明:モーターを2個独立して制御できる、Arduino用シールド。
モーター1個あたり最大2A流せる。モーターの電源は、ArduinoのVinピンから取得する。
モーターの回転方向を示すLEDを搭載。モーターからの逆起電力から回路を保護するダイオードも搭載している。
OUT1および2に接続したモーターは、Arduinoのデジタル12番で回転方向を制御し、デジタル10番でPWM出力(アナログ出力)することで回転速度を制御する。
同様にOUT3および4に接続したモーターは、デジタル13番で回転方向、デジタル11番で回転速度を制御する。
ブレーキ機能、空回り機能は付いていない。

Color LCD シールド





URL:Color LCD シールド
価格:3,995円
説明(原文):ノキアカラー液晶モジュール(128×128)を搭載した、Arduino用シールド。
SPI接続。D11(DIO)とD13(SCK)からSPI信号を取っているので、Arduino megaやArduino Leonardoで使うには工夫が必要。トランスモグリシールドを間にはさむと簡単。
D8をLCD-RESET、D9をCSに使っている。
空きランドに3.3KΩ抵抗を載せることで、5V→約3.3Vのレベル変換が出来る。(抵抗分圧)

MP3 Player シールド





URL:MP3 Player シールド
価格:3,995円
説明:MP3プレーヤシールドは、マイクロSDシールドの機能を取り込んだMP3シールド。
MP3デコーダIC VS1053B とマイクロSDスロットを搭載している。

CAN-Bus シールド





URL:CAN-Bus シールド
価格:4,495円
説明:Microchip社のMCP2515 CANコントローラを搭載したArduino用シールド。
●特徴
・CAN v2.0B 最大1 Mb/s
・高速SPIインターフェース (10 MHz)
・標準および拡張データとリモートフレーム
・CAN接続用Dサブ9ピンコネクタ
・DサブコネクタよりArduinoに給電可能(リセッタブルフューズと逆接保護付き)
・EM406 GPSモジュールソケット搭載
・マイクロSDソケット搭載
・シリアルLCD用コネクタ搭載
・メニューナビゲーション操作用ジョイスティック搭載
・LEDインジケータ2個

Joystick シールド






URL:Joystick シールド
価格:1,795円
説明:Arduinoの上に搭載すれば、すぐにコントローラが作成できるジョイスティックの拡張基板(シールド)。5個のプッシュボタンとジョイスティックで本格的なコントローラが簡単に作れる。ヘッダピン付属。

Danger シールド





URL:Danger シールド
価格:2,995円
説明(原文):いわゆるDanger Shieldのキット。色々なセンサーやアクチュエータを1枚のシールドに積めこんだ便利なシールド。キットなのでハンダ付けが必要。

MIDI シールド





URL:MIDI シールド
価格:1,995円
説明:ArduinoとMIDIを接続するためのシールド。
MIDI-IN、MIDI-OUT、合計2個のポートを装備。ArduinoのハードウェアシリアルのRX(受信)は、MIDI-INに接続されている。また、TX(送信)はMIDI-OUTに接続されている。ハードウェアシリアルがMIDIにつながったままだと、PCからスケッチを書き込むのに支障がある。そのため、これを切り離すためのスイッチを搭載している。

ModKit MotoProto シールド





URL:ModKit MotoProto シールド
価格:2,995円
説明:Modkitという独自のソフトウェア、もしくはArduino IDEから制御の出来るシールド。
2個のDCモーター、4つのセンサー、16X2のキャラクタLCDが取り付けられる。
L298 Hブリッジドライバによりモーター1個あたり、最大2Aまで制御できる。インジケーターとモーターの逆起電力から回路を保護するダイオードを搭載している。センサー用には2.5mmのオーディオジャックが取り付けられており、オーディオプラグとセンサーを繋いだものを作れば差し替えて実験が可能とのこと。
このシールドの特長として「Modkit」というScratchに似たブラウザ上で動くプログラムからも制御可能。もちろん、いつものArduino IDEからも制御できる。

WiFly シールド





URL:WiFly シールド
価格:$69.95
説明:The WiFly Shield equips your Arduino the ability to connect to 802.11b/g wireless networks. The featured components of the shield are a Roving Network's RN-131C wireless module and an SC16IS750 SPI-to-UART chip. The SPI-to-UART bridge is used to allow for faster transmission speed and to free up the Arduino's UART.

プロトシールド





URL:プロトシールド
価格:995円
説明:Arduino用プロトシールドのキット。ボードと、必要な部品が付属している。

MegaShield





URL:MegaShield
価格:$17.95
説明:The Arduino Mega now has its very own prototyping shield! The MegaShield mates with the Arduino Mega board and gives the user a prototyping area, two general LEDs, and, most important of all, the Arduino Mega reset switch is brought to the top level. The shield also works with our small breadboards if you don't want to solder to the prototyping area.

Music Instrument シールド





URL:Music Instrument シールド
価格:2,995円
説明:Musical Instrumentシールド、つまりは楽器シールド。リアルタイムMIDIを演奏できる。
VS1053を搭載。D3からソフトウェアシリアルでコマンド・データを送信(31250bps)。D4はリセットとして使用。

RFID Evaluation シールド





URL:RFID Evaluation シールド
価格:$19.95
説明: This board is an evaluation platform for the SM130 RFID module. It includes an XBee header, PCB trace antenna, and has the layout to be used as a shield for an Arduino. There is a small prototyping area as well. This board can also be used as an antenna to the SM130 RFID module. Be sure to check the schematic for information on the connections.
The XBee header is designed to be used with the XBee Explorer Regulated board.

VoiceBox シールド





URL:VoiceBox シールド
価格:3,995円
説明:Magnevation LLC社の製造しているSpeakJetというICを搭載したシールド。Arduinoからシリアルで命令を送ると簡単に合成音声(英語)とプリセットのサウンドを流すことが可能。アンプも内蔵。
出荷時はシリアル通信で命令が送れるようにハンダがジャンパしてある。
この記事が気に入ったら
IdeaHackをフォロー:
Facebookでシェア
Twitterでツイート
USBホストシールド 2.0 for Arduino (compatible with Google Android ADK)
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
IDEA★HACK厳選SHOP ☞ こちら
合わせて読みたい関連記事
このジャンルの最新ニュース

人気記事 TOP 5
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
follow us in feedly
ピックアップ記事