•   >
  •   >
  • 体でフィジカルに音を表現するArduino楽器

体でフィジカルに音を表現するArduino楽器

体でフィジカルに音を表現するArduino楽器
このエントリーをはてなブックマークに追加
Physical Equalize(物理イコライザ)を使って、参加型活動にダンスをミックスさせる方法がある。
ITPの学生Anne-Marie LavigneとSarah Rothbergは、物理的なイコライザーは自家製フレックスセンサーの上で構成される。ブロックがセンサーの上に積まれたとき、様々な楽器のボリュームが変化する仕組みだ。

この仕組みを使えば、複数のユーザーが協力して再生中の音楽をアレンジすることができる。ビデオで見られるように、学生はブロックを積んだり壊したりして、楽しんでいた。

フレックスセンサーは銅布、導電性の糸、抵抗性のファブリックで構成されている。ブロックの重量が増加するにつれて抵抗が減少するようになっている。これらの値は、追加のコンポーネントとしてのみ10kのプルダウン抵抗を使用して、非常に簡単な回路で6つのArduinoのアナログ入力に送られる。バリュー値は、MAX / MSPに送られ、次にボリュームを操作するAbletonに送信される。ここで使用された音楽トラックはYotam Mannによって作曲された。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
初音ミク -Project DIVA- F - PS3
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP