•   >
  •   >
  • 触って奏でる膜の壁『Firewall(ファイアウォール)』

触って奏でる膜の壁『Firewall(ファイアウォール)』

触って奏でる膜の壁『Firewall(ファイアウォール)』
このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイアウォールは、Mike Allisonとコラボレートして制作されたインタラクティブメディアだ。
スパンデックス繊維の延伸シートを触ったり押し込んだりすると、炎のようなビジュアルとともに音楽が流れるようになっている。

Purring Tiger氏とKiori Kawai氏によってMizaluと名付けられ開発が進められており、2013年6月に初公開の予定。
観客とは反対側でダンサーがスパンデックスに触れてパフォーマンスする。
Mizaluは、「死」と「経験」を表しているという。
シートを触って「経験」することはできても、突き破って「死」の世界は覗くことはできない。

このプロダクトには、Processing, Max/MSP, Arduino, Kinectが使われている。
Kinectはスパンデックスの深さを測るために使われており、スパンデックスが押されていなければ何も反応しない。どこかが押されたときには、その部分周辺のビジュアルが変化するようになっており、音楽が流れるようになっている。
Maxのアルゴリズムを利用することにより、押された深さによって、音楽のスピードや大きさを変化させているとのこと。

このプロダクトは非常に表現力のある楽器と言えるだろう。楽器を演奏したことのないような人でも視覚的に音楽を楽しむことができる。


ピースが加工、Max / MSPを、アルドゥイーノとKinectを使用して行われました。 Kinectはそれがマウントされているフレームからスパンデックスの平均深さを測定します。スパンデックスが内に押し込まれていない場合は何も起こりません。そこに誰かが押すビジュアルは周りに反応する人を押すと、音楽がトリガされている場所。 Maxで作成されたアルゴリズムは、音楽がスピードアップし、深さに基づいて、遅くと大声で柔らかな取得することができます。これは前であっても音楽をプレイしたことがない人にとっては、非常に表情豊かな音楽の演奏体験を提供しています。スイッチは、次の2つのモードが切り替わりフレームに組み込まれています。第二のモードは最初のものよりもう少し積極的です。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
ファイヤーウォール 特別版 [DVD]
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP