•   >
  •   >
  • 空気の7倍軽い素材『グラフェンエアロゲル』

空気の7倍軽い素材『グラフェンエアロゲル』

空気の7倍軽い素材『グラフェンエアロゲル』
このエントリーをはてなブックマークに追加
中国・杭州にある浙江大学の研究者らによって摩訶不思議な素材が開発され、超軽量材料の世界記録を更新しました。
素材の名前は「グラフェンエアロゲル(graphene aerogel)」
重さがなんと1立方センチメートルあたり0.16ミリグラムで、気体の中で最も軽いとされる水素の2倍の重さにあたります。
空気の重さが1立方センチメートルあたり1.293ミリグラム程度なので、桁違いの軽さということが数字でもお分かり頂けるでしょう。





この「グラフェンエアロゲル」は軽いだけではありません。
カーボンナノチューブと酸化したグラフェンを用いて開発され、構造はスポンジ状になっており、自重の900倍の油を吸収することが可能になっているとか。
さらに-190℃~900℃と広い温度の範囲で高い弾性を示します。
海洋における石油流出事故などに活用できる可能性があると期待されているようですね。





研究チームは今回の「グラフェンエアロゲル」の開発において、フリーズドライ製法を用いました。
この方法によると、カーボンナノチューブとグラフェン溶液を冷凍処理することで、自由な形状に成形できるとのこと。
つまり、エアロゲルの大きさが、容器のサイズで決まるということになります。
大きな容器を使えば、大きな「グラフェンエアロゲル」素材を量産できるということですね。








そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
Newton (ニュートン) 2012年 09月号 [雑誌]
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP