•   >
  •   >
  • これだけはやるな!Arduino Unoを破壊する10の回路

これだけはやるな!Arduino Unoを破壊する10の回路

これだけはやるな!Arduino Unoを破壊する10の回路
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

方法1:I/OピンをGNDへ接続する


I/OピンをoutputのHIGHに設定する。

そして、I/OピンとGNDを接続する。

I/Oピン上で過電流状態となり、破壊される。



 

方法2:I/Oピンを、お互いに接続する


2つのI/Oピンのうち、一つをoutputのHIGHに、もう一つをLOWに設定する。

そして、2つのI/Oピンを接続する。

両方のI/Oピン上で過電流状態となり、破壊される。



 

方法3:I/Oピンへ過電圧を加える


いずれかのI/Oピンへ、5.5V以上の電圧を加える。

問題なく動作する場合もあるが、設計上は本来の使用目的に合致していないため、いつかピンを破壊する可能性がある。



 

方法4:Vinピンに電源を逆流させてつなげる


VinピンとGNDピンに、プラス極とマイナス極を逆にして外部電源を接続する。

Arduino上のいくつかのデバイスが破壊される。



 

方法5:5V以上の電圧を5Vピンに流す


6V(あるいはそれ以上)の電圧を5Vピンに接続する。

Arduino上の多くのデバイスが破壊される上に、Arduinoと接続しているPCのUSBポートにもダメージを与える。

5Vピンにはプロテクションがかかっていない。電圧はダイレクトにATmega328P、USBインタフェース、5Vレギュレータに繋がり、その全てを破壊する。



 

方法6:3.3V以上の電圧を3.3Vピンに流す


3.6V(あるいはそれ以上)の電圧を3.3Vピンに接続する。

3.3Vピンに繋がる全てのデバイスを破壊する。

3.3Vピンにはプロテクションがかかっていない。電圧はダイレクトに3.3Vレギュレータに繋がり、9V以上の電圧がかかると、3.3Vレギュレータが破壊され、5Vノードへの逆電流を引き起こし、PCのUSBポートにまでそれが及ぶ。



 

方法7:VinとGNDを接続する


DC電源ジャックからArduinoへ電源を供給した上で、VinピンとGNDピンを接続する。

Arduinoのブロッキングダイオード(逆流防止ダイオード)が破壊され、ArduinoのPCB(ポリ塩化ビフェニル)が溶ける。



 

方法8:5Vの外部電源を接続した上で、Vinピンも接続する


5Vの電源を5Vピンへ接続し、Vinピンへ繋がる回路を作る。

5Vレギュレータへの逆電流が発生し、破壊される。



 

方法9:Resetピンへ13V以上の電圧を流す


Resetピンへ13V以上の電圧を流す。ATmega328Pが損傷する。

Resetピンは、ダイレクトにATmega328Pのリセット端子へ繋がっており、その絶対最大定格の上限値は13Vであるため、それ以上の電圧がかかると破壊される。



 

方法10:最大電流以上の電流を流す


10個以上のI/OピンをHIGHに設定し、(例えばLEDを光らせるために)20mAをそれぞれから流す。

I/Oピンから流されるの最大電流は200mAであるため、マイコンにダメージを与える。



 
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
電脳Arduinoでちょっと未来を作る (マイコンと電子工作)
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP