•   >
  •   >
  • 3Dバイオプリンターで、ついに「人工眼球」の開発スタート

3Dバイオプリンターで、ついに「人工眼球」の開発スタート

3Dバイオプリンターで、ついに「人工眼球」の開発スタート
このエントリーをはてなブックマークに追加
人間の目は非常に複雑かつ特殊な器官で、ダーウィンも「その進化は、実に『不条理』」とまで言わせた存在です。
とはいえ、完璧だということではなく、焦点が合わなくなってきたり、傷つき、感染すると、その機能が失われたりもします。
そこで、イタリアのテクノロジー企業MHOXは人工の眼球と取り替えて、いつまでも優れた視力を手に入れるという構想を進めています。
「バイオプリンティング技術の進歩により、人の臓器や機能的な体のパーツが簡単にプリントされ、損傷した部分と交換し、損傷前と同じように生活できるようにする、またはさらに能力を高められる。
今回の構想も、こうした研究開発から生まれたもの」




と、MHOXのデザイナー、Filippo Nassetti氏は説明しています。
このコンセプトは、Enhance Your Eye(眼の能力を高める、EYE)と呼ばれ、3Dプリンターに備えられた特殊な針が、様々なタイプの細胞を、適切な配置と構造に落とし、制作していくというもの。
これまで、すでに、3Dバイオプリンターは、耳、血管、腎臓などの器官を制作した実績がありますが、眼は、その複雑さから成功していませんでした。

MHOXによると、EYEには、ヒール、エンハンス、アドバンスの3つの人口眼球タイプがあるそうです。
ヒールは、疾患や外傷によって失明した眼と置き換え、自然な視力を取り戻すもの。
エンハンスは、視力を向上させ、さらには写真アプリ機能のようにフィルターを搭載することも可能だそうです。
フィルターのオン/オフや、交換操作はカプセルを飲んで行うとか。
アドバンスは、機能がさらに進化し、見たものをキャプチャ、記録し保存、Wi-Fi接続で画像を公開するまでになるそうです。
こうしたEYEシステムを使用するには、眼球の摘出手術を行い、そのうえで、デッキと呼ばれる脳に接続する人工網膜の一種を置き換えます。
2027年初頭の販売を予定しているそうですが、今のところ、デッキについて、またシステムを利用した人がどんな姿になるのか、詳細な情報は明かされていません。
3Dプリンティング技術は日々、ものすごいスピードで進歩していますが、このシステムの実用化までは、難題が山積みであることから、実現できるかどうか注目されるところです。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
Shade 3D+3Dプリンター 実践活用ブック
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP