•   >
  •   >
  • NASA、火星探査用無人航空機の実験飛行へ

NASA、火星探査用無人航空機の実験飛行へ

NASA、火星探査用無人航空機の実験飛行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
米航空宇宙局(NASA)は、火星探査用無人偵察機の第1回実験飛行を、年内に行う予定があることを明らかにしました。
Prandtl-mは、翼幅が61センチ、重量は1.17キロのブーメラン型無人航空機
素材はガラス繊維や炭素繊維で、火星上空約600メートルを滑空した後、最大時速20マイルで飛行できるということ。
場所をアリゾナ州、またはオレゴン州に予定している実験では、折り畳まれて気球に搭載されたPrandtl-mが火星の気圧と条件が似た高度約10万フィート上空で放出され、その後滑空飛行に移り、地上に帰還します。
さらに2016年には、2回目の実験を行う予定。
この実験が成功すれば、2022~2024年に予定されている火星探査ミッションに搭載され、上空から火星表面を10分ほど観測することになります。
空から高解像度の火星表面の写真が届けられれば、さらに新しい発見の可能性も期待できるでしょう。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
宇宙兄弟(26) (モーニング KC)
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP