•   >
  •   >
  • 撮影した動画をリアルタイムに3Dモデル化するカメラ『Lynx A camera』(3Dプリンターでも出力可)

撮影した動画をリアルタイムに3Dモデル化するカメラ『Lynx A camera』(3Dプリンターでも出力可)

撮影した動画をリアルタイムに3Dモデル化するカメラ『Lynx A camera』(3Dプリンターでも出力可)
このエントリーをはてなブックマークに追加
『Lynx A camera』は、撮影した動画をリアルタイムでデジタル3Dモデルのデータに変換してくれるカメラだ。
テキサスのLynx Laboratories社によって開発され、640 x 480のカラーカメラに3D深度センサーを備えている。
ユーザーは2本のジョイスティックと4つのボタンを使って、撮影及びレビューを行うようになっているようだ。
ハードディスクは500GB。
作成されたデータはWindows及びMacに対応したフォーマットのファイルとしてアウトプットできる。





この『Lynx A camera』は3つのモードを搭載している。
一つ目は「Scene Modeling mode(シーンモデリングモード)」。
これはカメラ周辺の環境、景色を撮影し、3Dモデル化するというものだ。
撮影するときはボタンを押して、カメラを持って、自分が回転すれば良い。

二つ目は「Object Modeling mode(オブジェクトモデリングモード)」。
こちらは特定のオブジェクトを3Dモデル化するときに使うものだ。
対象オブジェクトを周辺からぐるりとカメラで撮影する。
もちろん出来上がった3Dモデルのデータは、3Dプリンターで出力可能だ。

最後は「Motion Capture mode(モーションキャプチャーモード)」。
このモードでは、カメラをホールドさせ、被写体の動きを撮影する形だ。
被写体にトラッキング用のデバイスなどを付けてもらう必要もない。
『Lynx A camera』が、背景と動いている対象物とを別々に認識し、ワイヤーフレームモデルを作成してくれる。





現在、この『Lynx A camera』はKickstarterにて資金調達をしている。
3,499ドルの出資で、全ての機能を兼ね備えたモデルを手に入れることが出来るようだ。
3Dグラフィックアーティストやアニメイターの様々な悩みを解決してくれるデバイスになるかもしれないね。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
女子カメラ 2013年 03月号 [雑誌]
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP