•   >
  •   >
  • Arduino LilyPadを使ったサイクルコンピュータ

Arduino LilyPadを使ったサイクルコンピュータ

Arduino LilyPadを使ったサイクルコンピュータ
このエントリーをはてなブックマークに追加
これまで様々なアートプロジェクトを進めてきたMark Fickett氏が、Arduinoを自転車に取り付けて、自作のサイクルコンピュータを制作している。

自転車の車輪の回転数をカウントし、走行距離をモールス信号として音声で発信する。走行スピードのヒストグラムもEEPROMに保存され、後から印刷できるそうだ。

使用されている基盤はArduino LilyPadで、センサーにはホイールセンサーが使われている。
スピーカーには古いコードレス電話から拝借したとのこと。

スマホアプリにもサイクリング系のものはいくつかあるが、ハードから自作することでサイクリングをよりエキサイティングにする可能性が広がるだろう。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
あねチャリ
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP