•   >
  •   >
  • Arduinoの相撲ロボット [Destroyer 3000]

Arduinoの相撲ロボット [Destroyer 3000]

Arduinoの相撲ロボット [Destroyer 3000]
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人がArduinoを使ってロボットを作るとしたら、相撲ロボットはやはり思い入れがあるプロジェクトになるかもしれない。

使われている構成パーツは以下の通り。

Parts:
Aluminum body;
2 aluminum wheels with casted PU tires;
3 cell LiPo 0.8Ah battery

Mechanical:
2x 12V 1000RPM motors;
2x Pairs of 1:2 Bevel gears;

Electronics:
1x Arduino Nano v3.0;
2x Freescale MC33877 drivers;

Sensors:
1x TSOP31236 IR receiver;
4x SHARP 340K 40cm proximity sensors;
2x TCRT1000 Line sensors;
2x Overfall detection microswitchs;

4つの赤外線近接センサを取り付け、範囲40センチメートルで対象物を認識する。
電源には12Vのリポ電池を使うことで最大のパフォーマンスが出るようだ。
ちなみにこのSumoロボットではArduino Nano 3.0Vが使用されている。
http://arduino.cc/en/Main/ArduinoBoardNano
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
力士の大人用コスチューム STDサイズ
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP