•   >
  •   >
  • マーク・ザッカーバーグ氏が語る、なぜ会社を友人と始めるべきなのか?

マーク・ザッカーバーグ氏が語る、なぜ会社を友人と始めるべきなのか?

マーク・ザッカーバーグ氏が語る、なぜ会社を友人と始めるべきなのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
コロンビアのボゴタでの質疑応答の際、マークザッカーバーグ氏にこんな質問が投げかけられました。
“Facebookは何をきっかけに立ち上げることを思いついたのですか?”
彼はこう答えました
“僕一人で全てを成し遂げたわけではないんです”

これはつまり、ビジネスであれ政治であれ科学、アート、その他何であれ、偉大な発展というのは一つのアイデアや一人の人から生まれるものではないということです。
ザッカーバーグ氏はこう言います。
”アイデアは突然降ってくるものではありません。
あなたが何かについて話したり、考えたり、たくさんの人に長い期間話したりすることで思いつくものなのです。
たくさんの異なる点をあなたが繋げることで何かのアイデアに繋がり、そこからアイデアの実現に向けて動き、最終的に成功を収めたりもできるのです。”


現在の利用者が10億人を超えていることは言うまでもありません。
ザッカーバーグ氏は、メディアの起業の表現の仕方が、人々が自分の夢を追いかける気を殺いでしまうのではないかと危惧しています。
彼は、友達同士で、素晴らしいアイデアを思いついて実現できない理由などないと考えています。
適切な情熱と集中力があれば、偉大な結果につなげることは可能だと説明しています。

もし、ザッカーバーグ氏の話す内容が本当なら、なぜ多くの起業家は初期段階で失敗するのでしょうか。
ザッカーバーグ氏はその理由をあげていますが、成功している会社は一人の天才によってできているところはありません。
Richard BransonやElizabeth Holmes等の経営リーダーは確かに個人として素晴らしいですが、彼らは一人で経営を行っているわけではないのです。
ザッカーバーグ氏は積極的に起業すべきだとの意見を持っていますが、その前にまずは実態を理解することが重要だと考えています。
映画“The Social Network”で見るほど現実はドラマチックではありません。
同様に、起業をしようと考えるのであれば、これから対峙する挑戦にをしっかり認識し、実用的に出ることが重要でしょう。
経営はよく描写されるほど“正気でない”ものではありませんが、だからと言って簡単なものではもちろんないのです。

起業家の意欲を殺いでしまうような統計があります。
それは、「80%の新規ビジネスが最初の18か月間の間に失敗する」というものです。
初期段階での失敗にはいくつか理由がありますが、大半は需要のない商品を作り、それを市場に適用させることが出来ないことが主な理由となっています。
Erin Griffith氏はこう話しています。
”もしあなたの商品を誰も欲しいと思わないのなら、あなたの会社はうまくはいかないでしょう。
しかし、市場に需要を喚起させることができるだろうという根拠のない期待を持って突き進み、スタートを乗り越えられる人が多くいることも事実です。”




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2062731224111057"
data-ad-slot="2042717053">



これは、ザッカーバーグ氏が情熱と集中力が必要だと言っていたのと通じるものがあるでしょう。
起業の初期段階は過酷で、生半可な気持ちでは乗り越えることが出来ません。
下の図は、新規ビジネスが失敗に陥る原因を示しています。
図で示されている通り、最も大切なことは、どんな素晴らしいアイデアを持っているのかではなく、サポートしてくれる強いチームを持っていることです。



失敗の最も大きな原因は、メンバーの何人かが自分の力だけで成功できるという妄想に陥ってしまうことなのです。

ザッカーバーグ氏は友人といることでアイデアが浮かばなくなることも、ビジネスで成功できなくなるようなことも一切ないと話しています。
ただ一方で、中途半端な気持ちからやりやすいという理由だけで起業してしまうと、最悪な事態を招く可能性もあります。
あまりにも近い人と生計を立てる商売を行うと、より事態が複雑になる可能性もあるのです。
ペンシルバニア大学ウォートンビジネススクールのAdam Grant氏はこう述べています。
”友人とビジネスを立ち上げるのは非常にリスクの高い挑戦になるでしょう。”

ハーバードビジネススクールの教授、Noam Wassermanが技術や生活科学に関する新規ビジネスの立ち上げを1万件ほど調査した結果、最も安定しない創立チームは友人同士で企業をしたケースでした。
友人で立ち上げたケースの経営陣の入れ替え率は28.6%にも上り、全く見知らぬ人同士で始めたケースのほうが結束力が高いという結果になったのです。
もし友人と起業をするのであれば、仕事への適性もしっかり見るようにしましょう。
ただ信頼していてよく知っているからと言って仲間を選ぶのではなく、自分のアイデアを実現するためのスキルや将来のビジョンを持ち合わせているのか見極めなければなりません。
これらの要素がなければ、友人との関係が崩れビジネスも失敗に終わるという残念な結果になってしまうでしょう。
最も安定したチームというのは、必ずしも親友同士で築かれるのではなく、互いに好感を持っていて一度仕事をしたことがある人の中で構築できることもあります。
言い換えると、ビジネスはこれまで一緒に仕事をしたことのある人と起業を始めるのがよいかもしれません。
もし、親友とビジネスを興したいのであれば、それに内包するリスクもしっかり認識しておきましょう。
ビジネスだけではなく、その後の友人との関係のためにも必ず必要です。
ザッカーバーグ氏は起業に関し大まかなアドバイスを与えるにとどまり、包括的なアドバイスは行っていません。
しかし彼が最初そうしたように、友達と起業することが悪なのではなく、成功や失敗する原因はもっと別のところにあるというのは納得できるものでしょう。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP