•   >
  •   >
  • 艦上戦闘機"J-15"(フライング・シャーク)の製造に3Dプリンターが使われる

艦上戦闘機"J-15"(フライング・シャーク)の製造に3Dプリンターが使われる

艦上戦闘機
このエントリーをはてなブックマークに追加
『Flying Shark(フライング・シャーク)』の愛称で知られる"J-15"は、中国のShenyang Aircraft Corporationがロシアの"Su-33"や"Su-27SK/J-11"を元に開発した"J-11B"の技術をベースに開発している中国海軍の艦上戦闘機だ。
この"J-15"の最新プロトタイプのデザインおよび開発において、3Dプリンティングの技術が広く使われていることを、この度チーフアーキテクトのCong Sun氏が明らかにした。
戦闘機の重要部分となるチタン合金の耐力ストラクチャや、ランディングギアにおいて、3Dプリンティングが使われているとのこと。





中国は、航空産業におけるチタンパーツ製造の3Dプリンティング技術に関してリードすることを目的としており、LAM(Laser Additive Manufacturing)と呼ばれる製法は、従来と比較し90%もの原材料をセーブし、コストは5%程度に押さえられると言う。
その理由はやはり"金型"の有無だ。
従来の手法であればパーツの製造におよそ400万ドルかかるところ、3Dプリンターであれば約21万ドルで生産できるらしい。





中国メディアによると、多くの複雑なパーツが3Dプリンティングによって製造できるとのこと。
また、この技術は軍用機だけでなく、民間機にも応用可能であり、すでにNorthwestern Polytechnical Universityにおいて2016年より商用利用予定の"Comac C919"機の翼を試作しているようだ。





"J-15"は政府からの出資支援を受け、2015年より飛ぶ予定だ。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.63 アメリカ空軍 F-22 ラプター プラモデル 60763
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP