•   >
  •   >
  • アイオワ大学が3Dプリンターで人間の「臓器」を出力

アイオワ大学が3Dプリンターで人間の「臓器」を出力

アイオワ大学が3Dプリンターで人間の「臓器」を出力
このエントリーをはてなブックマークに追加
電子機器や生物医学の研究を勧めるアイオワ大学のAdvanced Manufacturing Technology(AMTecH)グループが、3Dプリンターでヒトの「臓器」や「生物組織」の出力を試みているようです。
AMTecHのコ・ディレクターであるIbrahim Ozbolat氏率いるチームで、5?10年以内に正常に機能する臓器を完成させる予定。
Ozbolat氏によると、この研究のうち最も期待される活動は、体内へ移植して血糖値を正常化する働きを持つグルコース感受性の膵臓(すいぞう)をバイオプリンティングすることだそうです。














ドナー不足は日本に限らず世界中で起こっており、膵臓移植に関しては、日本は欧米以上にドナー不足にあえいでいる状態で、待機中の死亡や、重症化によるリストからの末梢例増加しています。
3Dプリンティグの技術はいわゆる"ものづくり"産業への革命をもたらすものとして認識されていますが、もしかすると医療分野においても将来欠かすことの出来ない革新的技術として歴史に残るものなのかもしれません。
そういえば、この記事もおもしろかったです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート
お医者さんが話せない間違いだらけの健康常識 (コスモ文庫)
by Amazon
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
同じジャンルのおすすめ記事

人気記事 TOP 10
follow us in feedly
カテゴリー
  • IDEA(なるほどな発想、ありそうでなかったモノ)
  • HUMOR(ネタ系・おもしろ動画)
  • GAME(新作ゲーム機・ソフト、関連アイテム)
  • FOOD(キッチンガジェット、食のアイデア)
  • TRAVEL(死ぬまでに行きたい旅のスポット)
  • DESIGN(デザイン、アート、フォトグラフィー)
  • GADGET(最新ガジェット、便利アプリ・ツール)
  • MAKE(3Dプリンター、DIY)
ピックアップ記事
TOP